MENU

第二次世界大戦

1945年(昭和20年)9月2日、東京湾内に停泊していた戦艦ミズーリの右舷01デッキにて調印式が行われました。 マッカーサー元帥を始めとする連合軍代表と、日本からは政府全権重光葵外務大臣、大本営全権梅津美治郎参謀総長ら11名が出席しました。 これにより第二次世界大戦が正式に終結を迎えました。私たちは戦争の悲惨さと今日の平和の意義を学び、過去の歴史を決して忘れてはなりません。45年(昭和20年)9月2日、東京湾内に停泊していた戦艦ミズーリの右舷01デッキにて調印式が行われました。 マッカーサー元帥を始めとする連合軍代表と、日本からは政府全権重光葵外務大臣、大本営全権梅津美治郎参謀総長ら11名が出席しました。 これにより第二次世界大戦が正式に終結を迎えました。私たちは戦争の悲惨さと今日の平和の意義を学び、過去の歴史を決して忘れてはなりません。

(写真は日本の代表団のうちの1人、重光葵外務大臣が書類に署名している時の様子です。)

他の来館者との安全な距離を保ちながらご見学頂きますよう、感染拡大防止のため、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインや推奨事項を念頭に置き、お客様へ安全と安心をお届けするために戦艦の共有スペースや手洗い所などの清掃を徹底して行っております。ご来館の際はこちらをご覧になってコロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止にご協力ください。

プライベートイベントの為、今年2022年11月9日(水)、10日(木)、12月4日(日)、10日(土)の各日午後2時半以降は戦艦ミズーリ記念館を閉館させていただきます。何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。


皆さまのご来館を心よりお待ち申し上げます。

Don't show this popup again.