MENU

朝鮮戦争

1950年6月25日、北朝鮮軍が韓国に侵入

第二次世界大戦終戦から5年後の1950年(昭和25年)8月、戦艦ミズーリは朝鮮戦争に出動しました。
同年9月には仁川付近に到達し、上陸作戦の支援を行い、12月には興南方面に移動し国連軍の退却支援を行いました。1951年(昭和26年)に任務を終え本国へいったん帰国しましたが、1952年(昭和27年)から1953年(昭和28年)にかけて再度朝鮮戦争に出動し、地上軍支援のための「コブラ」パトロールの再開で、東部海岸に沿った主な供給路を破壊しました。作戦が成功し、任務を終えて日本の佐世保港へ戻りますが、敢え無くワーナー・R・エドサル艦長が心臓発作で急死しました。

メインデッキから降伏文書調印式会場へ移動するためのエレベーターが現在ご利用頂けなくなっております。
車椅子のお客様並びに階段を使用する事が難しいお客様は、新しいエレベーターの設置まで降伏文書調印式会場に上がって頂く事が出来なくなります。

(ツアーガイドの手配が可能であれば乗艦頂けないお客様に対してメインデッキにて降伏文書調印式の話を簡単にご案内させて頂く場合もございます。上級士官食堂のタッチパネルで降伏文書調印式会場をご覧頂く事も出来ますので工事期間中にぜひご利用頂ければと思います。)

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、皆様のご理解・ご協力のほど宜しくお願い致します。

歴史的な上層構造部を保存・維持するために

現在、戦艦ミズーリの上層構造部の補修工事が行われており2018年1月に終了する見込みです。補修工事期間は安全上のため、03レベルより上の露天艦橋並びに装甲艦橋などが閉鎖されます。それに伴い他のエリアも一時的に閉鎖になる可能性もありますこと予めご了承ください。“アメリカ最後の戦艦”の保存・維持へのみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

Don't show this popup again.