MENU

湾岸戦争

戦艦ミズーリが湾岸戦争に出動

1991年(平成3年)1月17日にイラク領内に向けて最初のトマホーク巡航ミサイルを発射しました。多国籍軍およびアメリカ軍の軍事行動の支援を行い、同年また海からの主砲による砲撃を主にクウェートシティ、サウジアラビアのカフジに行うことで、海兵隊の上陸を援護しました。1991年(昭和61年)3月ペルシャ湾での活動を終えて本国へ戻りました。

歴史的な上層構造部を保存・維持するために

現在、戦艦ミズーリの上層構造部の補修工事が行われており20179月に終了する見込みです。補修工事期間は安全上のため、03レベルより上の露天艦橋並びに装甲艦橋などが閉鎖されます。それに伴い他のエリアも一時的に閉鎖になる可能性もありますこと予めご了承ください。“アメリカ最後の戦艦”の保存・維持へのみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

Don't show this popup again.