MENU

年表

造船開始から進水式まで


1941年(昭和16年)1月6日
ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍造船所で造船が開始された。

1944年(昭和19年)1月29

造船開始から3年後の1944年(昭和19年)129日に進水式を迎えた。

1944年(昭和19年)611
戦艦ミズーリが就役。


第二次世界大戦から終戦まで


1944年(昭和19年)6

昭和196月に就役した後、第二次世界大戦中は主に太平洋を中心に活動。

1944年(昭和19年)1224
真珠湾に寄港、翌年から空母レキシントン率いる艦隊に加わる。

1945年(昭和20年)219

硫黄島上陸作戦を支援。
同年3月には沖縄での攻撃作戦、4月の沖縄上陸作戦に参加し、海上から砲撃を行う。

1945年(昭和20年)411
初めて特攻隊戦闘機による攻撃をうける。

1945年(昭和20年)829

戦艦ミズーリは降伏文書調印式のため東京湾に入り、直ちにその準備にとりかかる。

1945年(昭和20年)92

入港から4日後である92日、連合軍艦隊が見守る中、戦艦ミズーリの艦上にて、降伏文書調印式が行われた。

朝鮮戦争から最初の退役まで


1950年(昭和25年)8

第二次世界大戦終戦から5年後の昭和258月、戦艦ミズーリは朝鮮戦争に出動した。

1955年(昭和30年)2
朝鮮戦争から2年後の昭和302月に最初の退役を迎え、ワシントン州ブレマートンにていわゆる「モスボール」(予備役)状態となった。以後30年、休息状態に入る。


近代化と再就役


1984年(昭和59年)- 1986年(昭和61

復役が決定し、約2年を費やして改修および近代化が施され、副砲の砲塔を4基を除去、そしてトマホーク巡航ミサイルの発射機が8基装備され、計32発のトマホークミサイルを搭載した。

1986年(昭和61年)5
こうして最新の兵器と設備を備えた新生戦艦ミズーリは、昭和615月に再就役を果たした。

1991年(平成3年)1
湾岸戦争に出動。


二度目の退役からミズーリ記念館の誕生まで


1992年(平成4年)331

湾岸戦争の翌年に再度の退役を迎え、ワシントントン州ブレマートンに係留される。

1996年(平成8

海軍はUSSミズーリ保存協会への同艦の寄付を決定した。そして真珠湾内にあるフォード島に係留されることになった。

1998年(平成10年)622
ハワイ州真珠湾に戦艦ミズーリが到着する。

1999年(平成11年)129

1944年(昭和19年)129日に行われた進水式の日付に合わせて、「戦艦ミズーリ記念館 (USS Missouri Memorial)」として一般公開されるようになる。


戦艦ミズーリ記念館は午前8時から午後4時まで毎日開館しております。(閉館日: 感謝祭、クリスマス、元日を除く)


ハワイ州ホノルル市は、新型コロナウイルス感染拡大に対応するため、セーフアクセスプログラムを発表しました。

戦艦ミズーリ記念館並びに太平洋艦隊潜水艦博物館、パールハーバー航空博物館の従業員と来館者はワクチン接種証明書の提示、または過去48時間以内にFDA(米国食品医薬品局)より承認されている新型コロナウイルス感染症検査の陰性証明書とともに身分証明書の提示が義務付けされています。尚、12歳未満の子供は対象外としています。

詳細は、チケットご購入の前にこちらのページでご確認ください。


アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインや推奨事項を念頭に置き、お客様へ安全と安心をお届けするために戦艦の共有スペースや手洗い所などの清掃を徹底して行っております。ご来館の際はこちらをご覧になってコロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止にご協力ください。

皆さまのご来館を心よりお待ち申し上げます。

Don't show this popup again.