MENU

年表

造船開始から進水式まで

1941年(昭和16年)1月6日
ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍造船所で造船が開始された。


1944年(昭和19年)129

造船開始から3年後の1944年(昭和19年)129日に進水式を迎えた。


1944年(昭和19年)611

戦艦ミズーリが就役。


第二次世界大戦から終戦まで

1944年(昭和19年)6

昭和196月に就役した後、第二次世界大戦中は主に太平洋を中心に活動。


1944年(昭和19年)1224

真珠湾に寄港、翌年から空母レキシントン率いる艦隊に加わる。


1945年(昭和20年)219

硫黄島上陸作戦を支援。
同年3月には沖縄での攻撃作戦、4月の沖縄上陸作戦に参加し、海上から砲撃を行う。


1945年(昭和20年)411

初めて特攻隊戦闘機による攻撃をうける。


1945年(昭和20年)829

戦艦ミズーリは降伏文書調印式のため東京湾に入り、直ちにその準備にとりかかる。


1945年(昭和20年)92

入港から4日後である92日、連合軍艦隊が見守る中、戦艦ミズーリの艦上にて、降伏文書調印式が行われた。

朝鮮戦争から最初の退役まで

1950年(昭和25年)8

第二次世界大戦終戦から5年後の昭和258月、戦艦ミズーリは朝鮮戦争に出動した。

1955年(昭和30年)2

朝鮮戦争から2年後の昭和302月に最初の退役を迎え、ワシントン州ブレマートンにていわゆる「モスボール」(予備役)状態となった。以後30年、休息状態に入る。


近代化と再就役

1984年(昭和59年)- 1986年(昭和61

復役が決定し、約2年を費やして改修および近代化が施され、副砲の砲塔を4基を除去、そしてトマホーク巡航ミサイルの発射機が8基装備され、計32発のトマホークミサイルを搭載した。


1986年(昭和61年)5

こうして最新の兵器と設備を備えた新生戦艦ミズーリは、昭和615月に再就役を果たした。


1991年(平成3年)1

湾岸戦争に出動。

二度目の退役からミズーリ記念館の誕生まで

1992年(平成4年)331

湾岸戦争の翌年に再度の退役を迎え、ワシントントン州ブレマートンに係留される。


1996年(平成8

海軍はUSSミズーリ保存協会への同艦の寄付を決定した。そして真珠湾内にあるフォード島に係留されることになった。


1998年(平成10年)622

ハワイ州真珠湾に戦艦ミズーリが到着する。

1999年(平成11年)129

1944年(昭和19年)129日に行われた進水式の日付に合わせて、「戦艦ミズーリ記念館 (USS Missouri Memorial)」として一般公開されるようになる。