MENU

最後の戦艦

記憶にとどめる

1991年(平成3年)12月7日、真珠湾攻撃50周年式典に参加するため真珠湾に到着しました。

1992年(平成4年)3月31日、湾岸戦争の翌年に再度の退役を迎え、ワシントントン州ブレマートンに係留されました。

1996年(平成8年)海軍はUSSミズーリ保存協会への同艦の寄付を決定し、真珠湾内にあるフォード島に係留されました。


1998年(平成10年)6月22日ハワイ州真珠湾に戦艦ミズーリが到着しました。

1999年(平成11年)1月29日、1944年(昭和19年)1月29日に行われた進水式の日付に合わせて、「戦艦ミズーリ記念館 (USS Missouri Memorial)」として一般公開されるようになりました。

メインデッキから降伏文書調印式会場へ移動するためのエレベーターが現在ご利用頂けなくなっております。
車椅子のお客様並びに階段を使用する事が難しいお客様は、新しいエレベーターの設置まで降伏文書調印式会場に上がって頂く事が出来なくなります。

(ツアーガイドの手配が可能であれば乗艦頂けないお客様に対してメインデッキにて降伏文書調印式の話を簡単にご案内させて頂く場合もございます。上級士官食堂のタッチパネルで降伏文書調印式会場をご覧頂く事も出来ますので工事期間中にぜひご利用頂ければと思います。)

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、皆様のご理解・ご協力のほど宜しくお願い致します。

歴史的な上層構造部を保存・維持するために

現在、戦艦ミズーリの上層構造部の補修工事が行われており2018年1月に終了する見込みです。補修工事期間は安全上のため、03レベルより上の露天艦橋並びに装甲艦橋などが閉鎖されます。それに伴い他のエリアも一時的に閉鎖になる可能性もありますこと予めご了承ください。“アメリカ最後の戦艦”の保存・維持へのみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

Don't show this popup again.