MENU

神風特別展示

知覧特攻平和会館協賛神風特別展示


1945年4月11日沖縄戦最中、戦艦ミズーリに向かって一機の零戦が突入しました。機関砲からの銃弾を浴びながら、右舷後方から海面すれすれの超低空飛行で戦艦ミズーリに接近するパイロット。零戦の機体は左に大きくそれ、戦艦ミズーリに衝突します。翌日、当時の艦長、ウィリアム・キャラハンの命令により、特攻隊員の水葬が戦艦ミズーリの甲板上で行われます。

この事件から70年の2015年4月11日に戦艦ミズーリ保存協会は知覧特攻平和会館との提携、及び戦艦ミズーリ上での特別展示を発表しました。ご来館されるお客様は特攻隊員が母親や子ども、恋人へ書き残した遺書や手紙、遺物など19点と写真80枚をご見学頂けます。

ホノルル・レール・トランジット工事による交通規制の関係上、 パールハーバー巡回バスを含めた全車輌を対象に 迂回ルートをご利用頂いております。迂回ルートは通常ルートよりも時間がかかる事が予測されます為、ご来館の際は予め余裕を持ってお越し頂きますよう何卒ご協力お願い致します。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、皆様のご理解・ご協力のほど宜しくお願い致します。

Don't show this popup again.